テニスの試合に出続けると、1球1球を大事に打つようになりミスが減る




「ゲームをすると、どこでつないで、どこで攻撃したらいいかわからない…」

こんにちは、リョウジです!

テニススクールに通っていると、こんな悩みに直面します。

攻撃できるところなのに、ゆっくりつないでしまうのはまだいいほうです。

何でもないつなぐ場面で、我慢できずにいきなり強くボールを打ってしまい、とんでもない方向にボールが飛んでいく…

そして、なぜそんなことをしてしまったのか後悔します。

テニスの試合に出続けると、1球1球を大事に打つようになりミスが減る

テニスの試合に出ると、1球1球を大事に打つようになりミスが減ります。

ボールを強く打ち続けると、ポイントをたくさん失い、これでは勝てないことに気づくからです。

試合に出始めたころは、ボールを強く打つと決まるよりミスしてポイントを失うほうが圧倒的に多いです。

勝つためにボールを1球1球大事に打つようになり、ボールをつなぐ意識が芽生えます。

ボールをつなぐ意識が芽生えると、普段のラリーでもミスをしなくなります。

試合に出続けると、つなぐところと攻めるところの判断ができるようになる

試合に出続けると、つなぐところと攻めるところの判断ができるようになる

【つなぐところと攻めるところの判断ができる】

試合に出続けると、つなぐところと攻めるところの判断ができるようになります。

それは、自分のできることとできないことがわかるようになるからです。

自分の体勢を崩していれば、そこから攻撃に転じるのは難しいです。

自分のできることとできないことがわかっていれば、この場面ではボールをつなぐ選択をとります。

逆に、自分が攻撃できる場面もわかるようになります。

ボールをつないでいると、無理をしなくても今攻撃すればポイントがとれる場面に出くわします。

ボールを丁寧につなぎつつ、チャンスがあれば攻撃を仕掛けられるようにしましょう。

ボールを確実につなぐにはどうしたらいいか

ところで、ボールを確実につなぐにはどうしたらいいでしょうか。

ネットミスのリスクとベースラインをオーバーしてしまうアウトを減らすために、ボールに回転をかけることです。

トップスピンでもスライスでもかまいません。

回転をかけることで、自分の時間も増やすことができます。

また、相手に攻撃されないように、深くボールを打ち、バウンド後ボールの弾みが変化するのが望ましいです。

ボールに深さを出すには、自分の打っている場所からどれくらいボールを飛ばす必要があるのかと、どれくらいネットの上を通したらそこに飛ぶのかを考える必要があります。

相手に攻撃されないボールでつなぎながら、相手を崩してチャンスがあれば攻めるようにします。

以上、「テニスの試合に出続けると、1球1球を大事に打つようになりミスが減る」でした。