テニスのダブルスでポーチをするとき前衛の足元以外はどこに打つ?

こんにちは、リョウジです!

テニススクールでポーチを習うと、T字(センターサービスラインとサービスラインの交差点)にいる相手前衛の足元を狙うように教わります。

しかし、レベルが上がっていくと相手の前衛は返球できるようになり、なかなかポーチが決まりません。

そんなとき、ポーチで相手の前衛の足元以外どこを狙うべきか考えたいと思います。

テニスのダブルスでポーチをするとき前衛の足元以外はどこに打つ?

ダブルスでポーチをするとき、相手前衛の足元以外はどこに打つのがオススメか?

下記を前提に考えてみます。

【ポーチで狙うコースの前提】

  • 1発で決めようと思わない
  • ポーチ後の展開を優位に進められる

ポーチでT字にいる前衛の足元を狙うと、1発で決まらないことから新たなコースを考えますが、ここで1発で決まるコースを求めるのは間違っています。

前衛の足元を狙っても返球されるくらい相手の守備力が上がっています。

ポーチで狙うコースを増やすことで読まれづらくなるものの、1発では決まらない前提で考えます。(1発で決まらなくても、オープンコートを作って次の1打で決まればOKです。)

そして、ポーチ後の展開を優位に進められる配球がポイントになってきます。

ポーチした後の前衛のポジションを元に狙うコースを考えると下記のようになります。

【前衛が元のポジションに戻る場合】
→クロスを狙う

【前衛がポジションチェンジする場合】
→逆クロスを狙う

上記のコースに打つと、前衛はボールの近くに次のポジションがとれ、もう1度チャンスがやってきます。

前衛が元のポジションに戻る場合はクロスを狙う

センターラインの手前で前衛がポーチをするときは、元のポジションに戻ります。

ポーチ後のポジショ二ングについては下記の記事をご覧ください。

テニスのダブルスでポーチをするときに気をつけたい3つのこと

2019年3月30日

前衛が元のポジションに戻る場合、ポーチを角度をつけたクロス(相手の後衛側)に狙うのがオススメです。

相手の後衛が追いかけて返球できても、前衛との間にオープンコートができ、次の1打で決まります。

もし、前衛が元のポジションに戻る場合、逆クロスを狙うとどうなるでしょう?

相手の前衛がボールを返球できたとき、前衛と後衛の間にできたスペースを狙われる危険があります。

逆クロスに狙うと、その後を不利な陣形で戦うことになります。

前衛がポジションチェンジする場合は逆クロスを狙う

センターラインの先で前衛がポーチをするときは、そのまま走り抜けてポジションをチェンジします。

前衛がポジションチェンジする場合、ポーチを角度をつけた逆クロスに狙うのがオススメです。

相手の前衛が反応して返球できても、後衛との間にオープンコートができ、次の1打で決まります。

もし、前衛がポジションチェンジする場合、クロスを狙うとどうなるでしょう?

相手の後衛がボールを返球できたとき、前衛と後衛の間にできたスペースを狙われる危険があります。

クロスに狙うと、その後を不利な陣形で戦うことになります。

テニスのダブルスでポーチをするとき高さで打ちやすいコースがある

ポーチした後の前衛のポジションを考慮したオススメのコースでした。

とはいえ、上記のとおりコースを打ち分けるにはピンポイントで狙えるボレーのコントロールが必要になってきます。

そこで、少しでもコースの打ち分けがしやすいように、ポーチをするときの打点の高さによって打ちやすいコースがあることを知っておきましょう。

【高い打点でのポーチ】
→逆クロスに打ちやすい

【低い打点でのポーチ】
→アングルに打ちやすい

高い打点でポーチできるときは逆クロスが打ちやすいです。

高い打点から打てるため、角度がつけやすいです。

ポーチした後にポジションチェンジする場合、高い打点で打てるときは逆クロスに打ちやすくなります。

ポーチが低い打点になってしまうときは、前衛のほうには攻撃的なショットが打てません。

そこで、低い打点のときは後衛の前方に空いているスペースにアングルボレーを打ちます。

ポーチした後に元のポジションに戻る場合、低い打点になってしまうときはアングルに打つのがいいでしょう。

最後に…

ポーチをするとき、相手の前衛の足元以外どこを狙うかを考えてみました。

相手のポジションによっても狙うべきコースは変わりますが、1発で決まらない場合はその後を優位に進められる配球とカウンターをくらいやすい配球があるということです。

とはいえ、やはりポーチの基本はセンターです。

まずはT字にいる前衛の足元を狙いつつ、上記でオススメしたコースを補助的に使っていきましょう。