【ボレーのドリル】ラケットを振ってしまうときはグリップでテニスボールをボレーしてみる

こんにちは、リョウジです!

ボレーでラケットを振ってしまうクセを直したいときにオススメのドリルを紹介します。

それは、グリップでボレーを打つ練習です。

ラケットを振ってしまうときはグリップでテニスボールをボレーしてみる

ラケットを振ってしまうときはグリップでテニスボールをボレーしてみる

【グリップでボレーしてみる】

ラケットを振ってしまうときは、ラケットを逆さにしてスロートを握り、グリップでボレーしてみるのがオススメです。

球出ししてもらったボールでボレーする方法もありますが、ペアでの練習もできます。

ペアで行う場合は、ボール出しする人とボレー練習する人に分かれて練習します。

下から手出しでゆっくりボールを出してもらい、グリップでボールをとらえて相手に返します。

ラケットフェイスに比べると、グリップエンドで打てるエリアは非常に小さく難しいです。

ラケットを普段振ってボレーしてしまう方は、ボールになかなか当たりません。

「グリップでテニスボールをボレーしてみる」ドリルはどんな人にオススメか?

「グリップでテニスボールをボレーしてみる」ドリルはどんな人にオススメか?

【このドリルはラケットを振ってしまう方にオススメ】

「グリップでテニスボールをボレーしてみる」ドリルは下記の方に有効です。

【「グリップでテニスボールをボレーしてみる」ドリルをオススメできる人】

  • ボレーするときにラケットヘッドを返してしまう人
  • ボレーするときにラケットを引いてしまう人

どちらもボレーでラケットを振ってしまう人です。

ボレーでラケットを振り回すジュニアにもオススメです。

「グリップでテニスボールをボレーしてみる」ドリルのコツ

グリップでボレーを打つにはコツがあります。

グリップを打点にセットしたら、グリップをゆっくりボールに近づけて当てるのがコツです。

グリップを引いて、グリップを動かしながらボレーするとなかなか当たりません。

「グリップでテニスボールをボレーしてみる」ドリルのコツ

【手でグリップを動かすと当たらない】

打点にラケットをセットしたら、小手先でグリップをボールに近づけるのではなく、グリップを打点にセットしたまま下半身を使って、グリップをボールに近づけるようにします。

「グリップでテニスボールをボレーしてみる」ドリルのコツ

【下半身を使ってグリップをボールに近づける】

グリップエンドをこねて、グリップのボールを当てる面の向きを大きく変えてしまうとボレーが当たりません。

グリップでボレーできるようになったら、通常の持ち方に戻してボレーしてみます。

同じようにラケットをゆっくりボールに近づけてボレーします。

「グリップでテニスボールをボレーしてみる」ドリルをやるとどうなるか?

「グリップでテニスボールをボレーしてみる」ドリルをやるとどうなるか?

【このドリルでコンパクトなボレーを手に入れる】

「グリップでテニスボールをボレーしてみる」ドリルをやると、ラケットをあらかじめ打点にセットするコンパクトなボレーができるようになります。

そして、手を使うのではなく下半身を使ってラケットをゆっくりボールに近づけられるようになります。

ラケットをゆっくりボールに近づけるので、確実にラケットのスイートスポットにボールが当たるようになります。

このドリルを身につければ、速いボールにも対応できるコンパクトなボレーが打てるようになります。

以上、「【ボレーのドリル】ラケットを振ってしまうときはグリップでテニスボールをボレーしてみる」でした。