2019年6月

テニスの壁打ちで飽きずに打数を増やす方法

1ショット30〜50打でも壁打ちで継続して練習すれば十分な効果が望めます。もし、壁打ちでさらに上達スピードを上げるなら、打数を増やす選択肢が考えられます。打数を増やしても、飽きずに壁打ちができる方法を紹介します。

テニスの片手バックストロークに変更したら1年でどうにかなった話

バックハンドストロークは、両手打ちのプレーヤーが多く、テニスをこれから始める人にもオススメです。しかし、当然ながらすべての人に両手打ちが合うわけではありません。両手打ちがいつまでたっても合わず、片手打ちに変更したら1年でどうにかなった話をします。