【娘とテニス9日目】サーブのトスアップ練習を変えて見た【打点にラケットをセット】

こんにちは、リョウジです!

元テニスコーチだったわたしが6歳の娘にテニスを教えて9日目の記録になります。

前回の練習では、施設のバウンドテニスコートで初めてラリーに挑戦しました。

結果としては、ほとんど初球の球出しを打つ練習になってしまいました。

【娘とテニス8日目】バウンドテニスコートで練習してみた

2019年8月29日

今回はまた自宅での練習に戻り、下記の2つを意識してみました。

  • 【サーブ】トスアップの練習方法を変えてみる
  • 【グランドストローク】軸足を引いてからサイドステップを使う動きを定着させる

【娘とテニス9日目】サーブのトスアップ練習を変えて見た【打点にラケットをセット】

9日目の練習環境は下記のとおりです。

【場所】自宅の部屋(5.5畳)
【時間】65分
【ボール】スポンジボール(ブリヂストン)を1球
【ラケット】ラジカル19(ヘッド)
【ターゲット】3方向の壁に設置

設置しているターゲットは下記の3つです。

【娘とテニス9日目】サーブのトスアップ練習を変えて見た【打点にラケットをセット】

【娘とテニス9日目】サーブのトスアップ練習を変えて見た【打点にラケットをセット】

【娘とテニス9日目】サーブのトスアップ練習を変えて見た【打点にラケットをセット】

9日目の練習メニューは下記のとおりです。

  1. ウォーミングアップ(5分)
  2. ラケッティング(5分)
  3. ボレー(20分)
  4. グランドストローク(15分)
  5. オーバーヘッド(20分)

新しいドリルをほとんど入れていないので、基本的には7日目の復習です。

練習時間は65分に収まり、かなり短縮できました。

ウォーミングアップ(5分)

最初にスポンジボールを使ったウォーミングアップです。

すべて足踏みとスプリットステップを入れたドリルです。

  • ボールキャッチ(フォアボレー)
  • ボールキャッチ(バックボレー)
  • ボールキャッチ(フォア⇄バック)
  • 右足を引いてサイドステップで下がってから前進してボールをワンバウンドキャッチ
  • 左足を引いてサイドステップで下がってから前進してボールをワンバウンドキャッチ
  • 軸足を引いてサイドステップで下がってから前進してボールをワンバウンドキャッチ(右足⇄左足)

ボレーのフットワークはスムーズになってきました。

ボールはうまくキャッチできないときもありますが…

フォアだけ3球、バックだけ3球練習してから、「フォア→バック→フォア→バック→フォア→バック」の6球を練習しました。

次は軸足を引いてサイドステップで前後に動く練習です。

軸足を引く動きは練習を始めた7日目よりスムーズになっていました。

負荷がかかるように早めにボールを送りますが、早すぎると娘はサイドステップではなく普通にダッシュしてボールをキャッチしてしまいます。

ボールを送るタイミングには気をつける必要があります。

片側だけ3球ずつ練習してから、「フォア→バック→フォア→バック」の4球を練習しました。

ラケッティング(5分)

前回同様、2人で交互に打ち合うミニミニラリーのスタイルでラケッティングを進めました。

  • お互いワンバウンド
  • 【娘】ワンバウンド対【私】ノーバウンド
  • 【娘】ノーバウンド対【私】ワンバウンド

娘はノーバウンドの返球にも慣れてきました。

ただし、どのラケッティング練習でも娘はふざけてなかなか続きません。

ボレー(20分)

ラケッティングが終わったら、ボレーの練習をしました。

  • 両手でサイドフレームを持ってアイドリング+スプリットステップ+フォアボレー
  • 両手でサイドフレームを持ってアイドリング+スプリットステップ+バックボレー
  • 両手でサイドフレームを持ってフォアボレー⇄バックボレー
  • フォアボレー
  • バックボレー
  • アイドリングスプリットステップフォアボレー
  • アイドリングスプリットステップバックボレー
  • フォアボレー⇄バックボレー

最初は、両手でサイドフレームを持って打つ練習をします。

足の踏み込みとラケットのセットはできています。

ただ、ラケット面の操作があまく、ボールがわたしではなく外方向に飛んでいきます。

フォア側だけ3球、バック側だけ3球練習してから、「フォア→バック→フォア→バック」の4球を練習しました。

ボレーの練習では、下記3点を確認しました。

  • グリップの握り方
  • ラケット面のセットする位置
  • 両足のつま先を正面に向けておく

娘はラケットを多少振っていましたが、なんとか形になっていました。

次に、「アイドリング(足踏み)+スプリットステップ」を入れて打って見ます。

スプリットステップでは、ラケットを真ん中で構えるように伝えます。

なかなかボールがわたしに返ってきません。

ボールがラケットにコンタクトするところを見ていなかったり、ラケット面がこちらに向いていないためです。

フォアボレーのみ3球、バックボレーのみ3球練習してから、最後に両方をミックスして打ってみます。

「フォア→バック→フォア→バック」の4球だけ打ちました。

ボレーの練習途中で、娘は何度も休憩をとりたがります。

娘はボレー練習を退屈に感じていたので、ドリルを厳選して時間短縮したほうがよさそうだと感じました。

グランドストローク(15分)

ボレーが終わり、グランドストロークの練習です。

ここから設置したターゲットを使用します。

  • フォアハンド(トス打ち)
  • バックハンド(トス打ち)
  • スプリットステップからサイドステップで下がってから前進してフォアハンド
  • スプリットステップからサイドステップで下がってから前進してバックハンド
  • スプリットステップからサイドステップで下がってから前進してフォア⇄バック
  • フォアハンド(横に動いてから)
  • バックハンド(横に動いてから)

娘が決めた得点は今までと同じです。

  • ターゲットの枠の中 = 100点
  • ターゲットの枠 = 20点
  • ターゲットの枠の外 = 0点

いつもどおり、ターゲットの枠の中にボールが当たるまで、各ドリルを行いました。

まずはトス打ちです。

顔が身体と一緒に回っていたので、娘にそのことを伝えます。

今度は顔と一緒に身体も回らなくなります。

これ以上いろいろ言わないほうがよさそうだとわたしは思いました。

フォアハンドとバックハンドのトス打ちがターゲットに当たったら、スプリットステップからサイドステップで下がって前進して打つ練習に移ります。

軸足を引く動作はスムーズにできるようになりました。

少し負荷をかけたくて早めにボールを送ると、サイドステップではなく正面を向いたままボールを追いかけていました。

早めにボールを送りますが、サイドステップで間に合うようにボールを高く放るようにします。

娘は、前進する勢いをうまく使って打っていました。

フォアだけ3球、バックだけ3球練習したら、「フォア→バック→フォア→バック」のミックスを4球練習しました。

最後は、横に動いて打つ練習です。

フォアもバックもすぐターゲットに当たり、割と早く練習が終わります。

娘がいい打点で打てるようにうまくボールをトスできると、いいショットを打っていました。

グランドストロークは、ボレーとは違って集中して練習していました。

オーバーヘッド(20分)

グランドストロークが終わったら、オーバーヘッドの練習です。

前半はスマッシュを練習して、後半はサーブを練習しました。

  • ラケットで打つ(その場で)
  • ラケットで打つ(サイドステップで後退してから前進)
  • トスアップの練習
  • トスアップしたボールを手のひらで打つ
  • サーブ練習

わたしが小さくトスアップしたボールを、娘にターゲットを狙って打たせました。

ボールがターゲットに当たったら、サイドステップで下がってから前進して打つ練習です。

スマッシュ練習が終わったら、サーブ練習に移ります。

まずはトスアップの練習から。

今回は、ラケットを打点に出して、ラケットのフレームにトスしたボールを当てる練習をしました。

トスアップの練習方法を変えた理由は、地面に置いたラケットを狙うよりも打点に目標物があったほうがうまく上がる気がしたからです。

左手を太ももにつくくらい落としてからゆっくり上げるように伝えます。

不安定ながらもこっちの練習のほうがうまくトスが上がりそうでした。

次に、トスアップしたボールを手のひらで打つ練習をしました。

高いところだけで小さなトスをするので左手を下ろしてから上げるように伝えます。

右手はテイクバックしたところからスタートします。

右手が高いところにあるので、トスをするとき左手を下ろす動作が難しいようでした。

最後にラケットを握ってサーブ練習です。

途中でスイッチが入ったかのように突然ボールが当たり出します。

娘の中で何かコツをつかんだのかもしれません。

本人は「せえの」と言いながら打っていたので、打つタイミングやリズムをつかんだのかもしれません。

最後うまくサーブを打っていたことに満足して、練習を終えました。

娘にテニスを教えたときわたしが気づいたこと

9日目の練習を終えて気づいたことを書いておきます。

ボレー練習が苦痛に

ボレーだけで8種類のドリルを行いました。

地道な練習がボレーには効きますが、娘には苦痛な時間となってしまいました。

テニスはつまらないと思われないように気をつけます。

軸足を引く動きはスムーズに

7日目から始めた、グランドストロークの軸足を引いてからサイドステップで下がり前進して打つ練習。

娘の軸足を引く動きが7日目よりスムーズになりました。

テニスをする上で、早いうちに自動化しておきたい動きです。

自動化できるまで練習を続けたいと思います。

娘が1番楽しかった練習

娘に1番楽しかった練習を聞くと、サーブ練習とのこと。

最後のほうはおもしろいほどボールをうまくとらえていたので、わたしから見ても楽しそうでした。

最後に…

ボレー練習以外は娘は集中していてスムーズでした。

次回は娘が退屈していたボレー練習のドリルを厳選して、時間短縮を目指したいと思います。