元テニスコーチが6歳の娘にテニスを教えてみた【7日目】




こんにちは、リョウジです!

元テニスコーチだったわたしが6歳の娘にテニスを教えて7日目の記録になります。

前回の練習では、フットワークに力を入れながらボレーの導入練習を行いました。

今回の練習では下記の2つを意識しました。

  • ボレーのフットワークを引き続き強化
  • グランドストロークの軸足を引く動きを教える

過去の記録はこちらです。

元テニスコーチが6歳の娘にテニスを教えてみた【7日目】

7日目の練習環境は前回と同じです。

【場所】自宅の部屋(5.5畳)
【時間】120分
【ボール】スポンジボール(ブリヂストン)を1球
【ラケット】ラジカル19(ヘッド)
【ターゲット】3方向の壁に設置

設置しているターゲットは下記の3つです。

元テニスコーチが6歳の娘にテニスを教えてみた【7日目】

元テニスコーチが6歳の娘にテニスを教えてみた【7日目】

元テニスコーチが6歳の娘にテニスを教えてみた【7日目】

7日目の練習メニューは下記のとおりです。

  1. ウォーミングアップ(20分)
  2. ラケッティング(5分)
  3. ボレー(20分)
  4. グランドストローク(50分)
  5. オーバーヘッド(25分)

今回はかなりつめこんでしまい、娘がオーバーワーク気味になってしまいました。

ウォーミングアップ(20分)

最初にスポンジボールを使ってウォーミングアップを行いました。

すべてアイドリング(足踏み)とスプリットステップを入れたドリルです。

  • ボールキャッチ(フォアボレー)
  • ボールキャッチ(バックボレー)
  • ボールキャッチ(フォア⇄バック)
  • 右足を引いてサイドステップで下がる
  • 左足を引いてサイドステップで下がる
  • 右足を引いてサイドステップで下がってから前進してボールをワンバウンドでキャッチ
  • 左足を引いてサイドステップで下がってから前進してボールをワンバウンドでキャッチ
  • 軸足を引いてサイドステップで下がってから前進してボールをワンバウンドでキャッチ(右足⇄左足)

まずは、ボレーのフットワークを使ってノーバウンドでボールをキャッチさせます。

ボレーのフットワークは前回よりスムーズになりました。

ボレーのフットワーク練習が終わったら、右足を引いてサイドステップで下がる動きを練習しました。

初めて教えたので、娘には右足を引いてからサイドステップをする動きが難しかったようです。

間違えて逆の左足を回してきたり、身体が反対の方向を向いてサイドステップで下がったり、最初はなかなかうまくいきません。

間違えるたびに、言葉と動作で説明し直します。

左足を引いてからサイドステップで下がる動きも同じように練習しました。

何度か失敗しながら、身体で動きを覚えます。

次に、右足を引いてからサイドステップで下がった後、サイドステップで前進しながらわたしが放ったボールをワンバウンドでキャッチさせる練習を行います。

先程練習した右足を引いてからサイドステップで下がる動きを何度か間違えますが、なんとか娘はこなします。

同じように、左足を引いてからのボールキャッチを行い、最後に「右足を引く」と「左足を引く」を交互に行いました。

ウォーミングアップだけで20分。

かなり時間をかけてしまいました。

テニスでどのショットを使うか判断したら軸足に乗りながらターンしよう!

2018年5月16日

動きのトレーニングで、テニスのスプリットステップ後に行う「軸足に乗りながらターン」を徹底的によくしたい!

2018年8月28日

テニスのスプリットステップ後に行う「軸足に乗りながらターン」を、それぞれどんな状況で使用するかまとめてみた

2018年9月1日

ラケッティング(5分)

前回同様、2人で交互に打ち合うミニミニラリーのスタイルでラケッティングを進めました。

  • お互いワンバウンド
  • 【娘】ワンバウンド対【私】ノーバウンド
  • 【娘】ノーバウンド対【私】ワンバウンド

苦手なノーバウンドでの返球では、ラケット面を上に向けられるようになってきました。

まだ、ボールが落ちてくる前に高いところで打ってしまいますが…

ボレー(20分)

ラケッティングが終わったら、ボレーの練習をしました。

  • 両手でサイドフレームを持ってアイドリング+スプリットステップ+フォアボレー
  • 両手でサイドフレームを持ってアイドリング+スプリットステップ+バックボレー
  • 両手でサイドフレームを持ってフォアボレー⇄バックボレー
  • フォアボレー
  • バックボレー
  • アイドリング+スプリットステップ+フォアボレー
  • アイドリング+スプリットステップ+バックボレー
  • アイドリング+スプリットステップ+ボレー(フォア⇄バック)

両手でサイドフレームを持って打つ練習では、ウォーミングアップのボールキャッチで確認した「アイドリング+スプリットステップ+足の踏み込み」を使いながら、ラケット面の向きを変えさせます。

ボレーの練習では、まずグリップの握り方を確認します。

ラケット面をあらかじめセットしておき、踏み込みながらボレーさせました。

次に、アイドリング+スプリットステップを入れてボレーしてみます。

スプリットステップまではラケットを真ん中に構えるように教えました。

とりあえずグリップチェンジの練習はしませんでした。

両方両手打ちのため、グリップチェンジが大変なためです。

フォアボレーのときは最初から「右手を上・左手を下」に握らせ、バックボレーのときは最初から「左手を上・右手を下」に握らせます。

フォアボレーを片手打ちにするとグリップチェンジは必要なくなりますが、ラケットをセットしたときにラケットが立ちやすいようにしばらく両手で打たせたいと思います。

娘はボレーがうまく打てないと言っていましたが、ラケット面の向き以外はうまく打っていました。

グランドストローク(50分)

ボレーが終わり、グランドストロークの練習です。

ここから設置したターゲットを使用します。

  • フォアハンド(トス打ち)
  • バックハンド(トス打ち)
  • スプリットステップからサイドステップで下がってから前進してフォアハンド
  • スプリットステップからサイドステップで下がってから前進してバックハンド
  • スプリットステップからサイドステップで下がってから前進してフォア⇄バック
  • フォアハンド(横に動いてから)
  • バックハンド(横に動いてから)

娘が決めたターゲットの得点は前回と同じです。

  • ターゲットの枠の中 = 100点
  • ターゲットの枠 = 20点
  • ターゲットの枠の外 = 0点

いつもどおり、ターゲットの枠の中にボールが当たるまで、各ドリルを行いました。

最初は、その場でわたしが打点の真上から落としたボールを打つ「トス打ち」をします。

フォアとバックのトス打ち練習が終わったら、ウォーミングアップで行った「軸足を引いてからサイドステップで下がり前進する」動きを入れて打ってみました。

最初に、アイドリング(足踏み)とスプリットステップ(両足を開く)を入れてから右足を引きます。

しかし、娘はどう動いていたか忘れてしまいます。

右足を引く動作の見本を、わたしは何度か見せました。

娘は何度も動きを真似して、身体に覚えさせていました。

同じように、左足を引いてからサイドステップで下がって前進してバックハンドで打つ練習も行います。

その後、応用としてフォアとバックを交互に打たせました。

この練習はターゲットに当たるまではやらず、「フォア→バック→フォア→バック」の4球で済ませました。

ただし、グリップチェンジの練習はボレー同様していません。

右足を引いてフォアハンドを打つときは「右手を上・左手を下」、左足を引いてバックハンドを打つときは「左手を上・右手を下」にあらかじめグリップを握らせました。

最後は、横に動いてから打つ練習です。

娘はなかなかターゲットに当たらずイライラしていました。

新しい練習を取り入れたこともあり、グランドストロークだけで50分かかりました。

オーバーヘッド(25分)

グランドストロークが終わったら、オーバーヘッドの練習です。

前半はスマッシュを練習して、後半はサーブを練習しました。

  • ラケットで打つ(その場で)
  • ラケットで打つ(サイドステップで後退してから前進)
  • トスアップの練習
  • トスアップしたボールを手のひらで打つ
  • サーブ練習

わたしが小さくトスアップしたボールを、娘にターゲットを狙って打たせました。

ターゲットに当たったら、今度はサイドステップで前後に動いてから打たせます。

次は、サーブのトスアップの練習です。

前回同様、ラケットを打点の真下に置いて、トスアップでボールをラケットに落とします。

手首や肘を使わず、肩を支点にゆっくり大きく上げるように指導します。

グランドストロークで力を使い果たしたのか、娘の集中力は切れていました。

サーブでは身体を横向きにしてからトスアップさせていましたが、グリップはイースタングリップくらいだったので「身体を正面に向けてもいいよ」と言うとだいぶ打ちやすくなったようです。

今のところオーバーヘッドショットに関しては、グリップの握り方を教えていません。

スマッシュまではすぐにターゲットに当たったためスムーズでしたが、サーブ練習以降はグダグダになりながらなんとか最後までやりきりました。

サーブ練習に関しては、ラケットでボールをとらえられたらおしまいにしています。

とてもターゲットを狙える段階ではないので…

娘にテニスを教えたときわたしが気づいたこと

7日目の練習を終えて気づいたことを書いておきます。

ボレーのフットワークはスムーズに

ボレーのフットワーク「足踏み・スプリットステップ・足の踏み込み」はスムーズになり、間違えずにできるようになりました。

今後はラケット面の操作がちゃんとできているかにフォーカスしたいと思います。

軸足を引いてサイドステップで下がる動きを教えるのは難しい

娘にとっては今までにない初めての動きだったので、軸足を引いてサイドステップで下がる動きを教えてもすぐには理解できませんでした。

ですが、娘は何度も身体を動かしながら動きを身体に馴染ませていました。

娘が1番楽しかった練習

娘に1番楽しかった練習を聞くと、グランドストロークの軸足を引いてサイドステップで下がってから前進して打つ練習と答えます。

初めてやる練習は割と楽しいようです。

最後に…

ボレーのフットワークとグランドストロークの軸足を引く動きの2つをやったため、今回は消化不良気味で終わりました。

軸足を引く動きはわたしがバックハンドストロークが安定するきっかけになった動きです。(フォアハンドストロークでは自然とできていました。)

意識的に軸足を引く動きを練習することで、打つ準備は早くなります。

今後グリップチェンジやフォアバックランダムで打つ練習も取り入れたいですが、まずはスプリットステップからのフットワークを定着させたいと思います。