【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

こんにちは、リョウジです!

元テニスコーチだったわたしが6歳の娘にテニスを教えて49日目(2020/3/31)の記録になります。

前回の練習では、ボールを足の外側とラケットで挟んで拾うラケッティングにチャレンジしました。

ボールを挟んだまま高く上げることが難しく、うまくできませんでした。

【娘とテニス48日目】ボールを足とラケットで挟んで拾ってみた

2020年4月3日

今回は、2歳の息子を巻き込んで練習してみました。

まだテニスを教えても理解できないことはわかっているのですが、娘のテニスをする頻度を上げられるかもと試してみました。

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

練習環境は下記のとおりです。

【場所】自宅の部屋(5.5畳)と廊下
【ボール】スポンジボール(ブリヂストン)を20球 スポンジボール(プリンス)を1球
【ラケット】ラジカル19(ヘッド)
【ターゲット】ランドリーのカゴ

ラケットは娘が使っているラケット1本のみです。

2人で交代して使います。

ターゲットで使用するランドリーのカゴは、イスに置いて使用しています。

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

また、ボールコーディネーションドリルでは、ランドリーのカゴをカーテンレールに吊るして使っています。

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

49日目(2020/3/31) は、55分間練習を行いました。

時間配分は下記のとおりです。

  • ボールコーディネーション(15分)
  • ラケッティング(15分)
  • ボレー(2分)
  • グランドストローク(13分)
  • スマッシュ(5分)
  • サーブ(5分)

ボールコーディネーション(15分)

最初に、ラケットを使わないボールコーディネーションのドリルをやりました。

  • ボールを両手でキャッチしてカゴを狙う20球×1セット
  • ボールを両手でキャッチして左手のアンダースローでカゴを狙う10球×1セット

まず、ボールを両手でキャッチしてカゴを狙う練習を行いました。

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

練習メモ
ターゲットのカゴを、クローゼットの前に設置します。

息子に合わせて、ターゲットのカゴは床に直接置きました。

娘と息子をカゴから少し離れたところに立たせます。

わたしは、娘と息子にボールを高く上げて送ります。

娘と息子は、ボールを両手でキャッチします。

その後、娘は左手のアンダースローでカゴを狙って投げます。

息子は自由に投げさせます。

娘は、息子と一緒にテニスができるのがうれしくて、テンションが上がっています。

息子は、高く上がったボールには反応せず、床に落ちているボールを両手に1球ずつつかみます。

両手同時に「えい!」と言いながら、ターゲットのカゴとは違う方向に投げて遊んでいました。

スポンジボール20球を2人交互に送ると、あっという間になくなります。

みんなでボールを拾います。

ボール拾いが終わると、息子は「バイバーイ」と言って1階に降りていきました。

マイペースな息子に、わたしと娘はあっけらかんとします。

始まって5分でいなくなるとは思いませんでした…

そういえば、息子がオモチャで遊んでいる最中に、2階へ連れて行来ました。

息子は、オモチャで遊ぶため1階に降りたようです。

息子がいなくなったため、普段の練習メニューに戻ることにしました。

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

練習メモ
ターゲットのカゴをカーテンレールに吊るします。

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

娘にカゴから少し離れたところに立たせて、わたしが高く上げたボールを両手でキャッチさせます。

その後、左手のアンダースローでカゴを狙って投げます。

娘は、なかなか入らず疲れていました。

左手首を使って投げていたので、下記のように伝えました。

リョウジ
左手首を手の甲側に折って(背屈して)投げてみて。

けれども、逆効果でした。

娘は左肘も使って投げ出しました。

リョウジ
もう気にしないで、普通に投げていいよ…

ラケッティング(15分)

次に、ラケッティングを行いました。

  • 送ったボールをノーバウンドでカゴに狙う 10球
  • 1人でワンバウンドさせたボールを下からつく
  • 1人でボールを床に弾ませる
  • ボールを足とラケットで挟んで拾う

最初に、ノーバウンドでボールを送ってカゴを狙う練習をやりました。

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

練習メモ
ターゲットのカゴを、クローゼットの前に設置します。

息子に合わせて、ターゲットのカゴは床に直接置きました。

ラケットの両サイドのフレームを持ち、ラケットを顔の前にセットします。

わたしがラケットにボールを送り、子どもたちはカゴを狙ってラケットではね返します。

まず、見本として娘が10球打ちます。

続いて息子にラケットを渡し、10球打たせます。

ラケッティングの練習を始めるタイミングで、息子が2階に戻ってきました。

息子に合わせて、練習メニューを変えます。

娘に10球打たせたら、息子にラケットを同じように持たせました。

娘と同じようにボールを送りましたが、ラケットを片手に持ち、落ちているボールを拾ってダンボールに入れ始めます。

わたしが送ったボールには、まったく関心がありませんでした。

みんなでボールを拾って、次の練習に移ります。

次に、1人でワンバウンドさせたボールを下からつく練習をやりました。

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

こういうラケッティング

練習メモ
この練習のときは、プリンスのスポンジボールを使用します。

プリンスのスポンジボールはブリヂストンのスポンジボールより弾むので、下からボールをつくと弾む分時間が生まれます。

床にボールを弾ませるラケッティングは、プリンスのほうがつながりやすいです。

とりあえず、息子にはスポンジボールで自由に遊んでもらいます。

息子が娘の練習を邪魔しないことがわかったので、娘にいつもどおりの練習をやらせます。

息子がブリヂストンのスポンジボールを散らかしていたので、今回はプリンスではなくブリヂストンのスポンジボールで練習しました。

しばらくすると、また息子は1階に降りていきます。

ブリヂストンのスポンジボールを使用しているため、プリンスのときよりも弾みません。

娘は、高く弾まない分、ボールを高く上げながらやっていました。

その分ラケットの動きが大きくなり、前回のようにはつながりませんでした。

今回の最高記録は、連続13回でした。

次に、1人でボールの上をついて床に弾ませる練習をやりました。

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

こういうラケッティング

今回は、バスケットボールのように手のひらを使って弾ませてみました。

バスケットボールをしたことのない娘には、返って難しくなってしまいました。

ラケットを持たせ、通常どおり練習します。

ブリヂストンのスポンジボールがなかなか弾まないこともあり、3回しかつながりませんでした。

最後に、ボールを足の外側とラケットで挟んで拾うラケッティングに挑戦しました。

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

こういうラケッティング

まずは、ボールを使わず、片足でバランスを保てるかチェックすることにしました。

ラケットヘッドを右足の外側に付けて、右足を高く上げさせました。

右足を高く上げると、左足だけでバランスをとるのがしんどそうです。

次に、ボールを挟んだまま持ち上げて下ろすを5往復しました。

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

これを繰り返す

次に、挟んだボールに勢いをつけて高く上げます。

リョウジ
キャッチしなくていいから、勢いよく上げてみて。
 

娘はボールを挟んだまま高く上げられません。

ボールは上ではなく、前方に飛んでいってしまいます。

ボールをキャッチするのは、かなり難しそうです。

ボレー(2分)

次に、ボレーの練習をしました。

  • フォアボレー⇄バックボレー 4球×2セット
【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

フォアとバックを交互に

練習メモ
「アイドリング(足踏み)+スプリットステップ」を入れて、「フォア→バック→フォア→バック」の4球を2セット練習します。

1球のスポンジボールを使い、すべてわたしに返球してもらいます。

1セット目は、ラケットセットしながら軸足を出すところで止まってもらい、正しくできているのを確認してからボールを出します。

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

ここで1度止まる(娘はフォアもバックも両手で)

リョウジ
【始める前に伝えたこと】
ラケットを振らずに、足を出してボールをコントロールして。

足は出ていましたが、ラケットもけっこう動いていました。

娘にそのことを伝えます。 

2セット目は、スプリットステップ後止まらずに2歩足を出して打たせます。

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

今度は止まらずに2歩出す

リョウジ
【始める前に伝えたこと】
1歩目もちゃんと出し、2歩出せるように気をつけて。

フットワークを観察すると、足がしっかり2歩出るようになっていました。

グランドストローク(13分)

次は、グランドストロークの練習です。

  • フォアハンドストローク(離れたところから手出し)20球
  • バックハンドストローク(離れたところから手出し)20球
  • フォア⇄バック(離れたところから手出し・打ったら後ろに下がる)20球

最初に、少し離れたところからの手出しでフォアハンドストロークを20球打ちました。

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

練習メモ
離れたところからボール出しするときは、いつも赤いテープが貼ってある地点にボールがバウンドするように送ります。

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

わたしはターゲットのカゴの手前からボールを送ったら、地面に丸まって飛んでくるボールに当たらないようにします。

リョウジ
【始める前に伝えたこと】

  • どこに立てばボールが打ちやすいか自分で考える
  • ゆっくり振り抜く

娘は、弟が2階に上がってこないのでソワソワしていました。

集中できていないせいか、ボールがなかなか廊下を通過しません。

ボールが廊下をまっすぐ通過したのは、4割ぐらいと低めでした。

次に、少し離れたところからの手出しでバックハンドストロークを20球打ちました。
 
【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

リョウジ
【始める前に伝えたこと】
ラケットを早めに引いておいて、余裕を持ってスイングしてみて。

ラケットの準備を意識していたおかげか、ボールが廊下を通過する確率はフォアに比べると上がりました。

バックハンドを打っている最中に足元を観察していると、フォアハンドのように軸足でボールとの距離を調整していないことに気づきました。

ボールが廊下をまっすぐ通過したのは、6割ぐらいでした。

最後に、少し離れたところから手出ししたボールを、フォアとバック交互に20球打たせました。

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

フォアに回り込む

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

バックに回り込む

練習メモ
娘のスタート地点は、バウンドの目印にしている赤いテープの後方です。

最初の構えでは、右手を上・左手を下にグリップを持ちます。

フォアハンドストローク重視の構えです。

「足踏み〜」とわたしが言ったら、スタート地点で足踏みをします。

「開く」とわたしが言ったところで、両足を開いてスプリットステップを行います。

「カニさん」とわたしが言ったら、小さなサイドステップで弧を描きながらいつも打っているフォアハンドストロークのポジションに入ります。

バックハンドストロークを打つときは、「持ち替えながらカニさん」とわたしが言い、両手をグリップチェンジさせながら小さなサイドステップで移動させました。

ボールは、娘の移動が終了して準備が整ってから出します。

打ったら、小さなサイドステップで弧を描きながらスタート地点に戻ります。

リョウジ
【始める前に伝えたこと】
バックハンドを打つときと戻るときはグリップチェンジを忘れないように

今回は、スプリットステップ後、わたしがランダムに「フォア!」もしくは「バック!」と言い、それに合わせて動いてもらうことにしました。

どちらかわからないという緊張感が出たおかげか、前回よりもフットワークの動きがよくなりました。

ボールがまっすぐ廊下を通過した確率は、7割ぐらいでした。

グランドストロークの練習を通して、ボールがターゲットのカゴに入ることはありませんでした。

スマッシュ(5分)

次に、スマッシュの練習を行いました。

  • スマッシュ(その場で高い球出し)10球
  • スマッシュ(前後に動いて)10球

最初に、わたしが高くトスしたボールをスマッシュで10球打たせます。

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

練習メモ
イスに乗せたカゴを廊下の向こうに設置して、そこを狙って練習します。

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

リョウジ
【始める前に伝えたこと】
ウサインボルトのポーズをとるとき、左手とラケットの先を打点に向けてみて。

娘は、インパクトでラケットを止めていました。

そのおかげか、ボールが廊下を通過する確率が上がっていました。

打ったボールがまっすぐ廊下を通過した確率は、8割ぐらいでした。

ターゲットのカゴに、1球だけボールが入りました。

次に、サイドステップで後退してから前進してスマッシュする練習を10球行いました。

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

前後に動いてスマッシュ

練習メモ
「アイドリング(足踏み)+スプリットステップ」をしたら、右足を引きながらテイクバックを済ませます。

この練習では、ボールを必要以上に高く上げず、普段の高さで送ります。

リョウジ
【始める前に伝えたこと】
カニさん(スクエアスタンス)のまま打つように。

いつもはボールを打つことに一生懸命できたが、今回はターゲットのカゴを狙って打っているのがわかりました。

打ったボールがまっすぐ廊下を通過した確率は、9割ぐらいでした。

ターゲットのカゴには、2球ボールが入りました。

サーブ(5分)

最後に、サーブ練習を行いました。

  • サーブ練習20球

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

練習メモ
グランドストロークと同じく、廊下の向こうに設置したターゲットのカゴを狙ってサーブ練習をします。

グランドストロークと同様、ターゲットのカゴをイスに乗せて高く設置しています。

【娘とテニス49日目】2歳の息子を巻き込んで練習してみた

リョウジ
【始める前に伝えたこと】

  • ラケットはウサインボルトのポーズからスタートする(テイクバックしておく)
  • トスアップしたボールがうまくいかないときは打たない

娘は、だいぶトスを選べるようになりました。

トスアップ自体も、適切な打点にボールが上がるようになってきました。

サーブ練習の途中に、息子はお腹が空いたようで、泣きながら2階に上がってきました。

サーブ練習が終わるまで、息子を抱っこしながら2人で娘を見ていました。

ボールがまっすぐ廊下を通過した確率は、8割ぐらいでした。

ターゲットのカゴには、1球もボールが入りませんでした。

打ち終わると、娘は自発的に急いでスポンジボールを拾います。

片付けが終わったら、3人で1階に降りました。

【娘とテニス】49日目の気づき

49日目の練習を終えて気づいたことを書いておきます。

息子を練習に参加させてみて

息子ができる連続メニューをある程度考えていましたが、ほとんど参加せずに終わりました。

そのため、大部分は娘中心の練習メニューで進みました。

今後の方針としては、娘の練習メニューを中心に行い、息子が参加しているときは特別メニューに切り替えるのがよさそうです。

弟と一緒にテニスができることに娘のテンションが上がっていたので、それはよかったと思います。

今後は、息子も巻き込んでテニスの練習頻度を上げていきます。

ランダムにしたグランドストローク

フォアかバックかランダムにすることで、娘に緊張感が出ていました。

少しですが、いつもより実戦に近い練習ができた気がします。

実戦で生かせるように、しばらくこのスタイルで練習を継続してみます。

最後に…

新しく挑戦しているラケッティングは、なかなかできるようになりませんが、構わず新しいラケッティングをとり入れていこうと思います。

次回は、違うボールの拾い方にチャレンジしてみます。