【娘とテニス47日目】ラケットでボールの上をついて床に弾ませてみた

こんにちは、リョウジです!

元テニスコーチだったわたしが6歳の娘にテニスを教えて47日目(2020/3/26)の記録になります。

前回の練習では、スポンジボールを20球に増やしてみました。

その結果、各ドリルの練習する打数を増やしやすくなりました。

ただ、フットワークを使うドリルは体力を大きく消耗するので、安易に打数を増やさないほうがよさそうです。

【娘とテニス46日目】スポンジボールを20球に増やしてみた

2020年3月28日

今回は、ラケットでボールの上をついて床に弾ませるラケッティングにチャレンジしました。

娘が自発的にラケッティングをしていたので、少しずつ教えてみることにしました。

【娘とテニス47日目】ラケットでボールの上をついて床に弾ませてみた

練習環境は下記のとおりです。

【場所】自宅の部屋(5.5畳)
【ボール】スポンジボール(ブリヂストン)を20球 スポンジボール(プリンス)を1球
【ラケット】ラジカル19(ヘッド)
【ターゲット】ランドリーのカゴ

前回から、ブリヂストンのスポンジボールが20球に増えました。

【娘とテニス47日目】ラケットでボールの上をついて床に弾ませてみた

ダンボールに20球入れて使用

ターゲットで使用するランドリーのカゴは、イスに置いて使用しています。

【娘とテニス47日目】ラケットでボールの上をついて床に弾ませてみた

また、ボールコーディネーションドリルでは、ランドリーのカゴをカーテンレールに吊るして使っています。

【娘とテニス47日目】ラケットでボールの上をついて床に弾ませてみた

47日目(2020/3/26)は、50分間練習を行いました。

練習内容は下記のとおりです。

  • ボールコーディネーション
  • ラケッティング
  • フォアボレー⇄バックボレー 4球×2セット
  • フォアハンドストローク(離れたところから手出し)20球
  • バックハンドストローク(離れたところから手出し)20球
  • フォア⇄バック(離れたところから手出し・打ったら後ろに下がる)20球
  • スマッシュ(その場で高い球出し)10球
  • スマッシュ(前後に動いて)10球
  • サーブ練習20球

ボールコーディネーション(10分)

最初に、ラケットを使わないボールコーディネーションのドリルをやりました。

  • ボールを両手でキャッチして左手のアンダースローでカゴを狙う10球×1セット

ターゲットのカゴをカーテンレールに吊るします。

【娘とテニス47日目】ラケットでボールの上をついて床に弾ませてみた

娘にカゴから少し離れたところに立たせて、わたしが高く上げたボールを両手でキャッチさせます。

その後、左手のアンダースローでカゴを狙って投げます。

娘は、20球全部入るまで投げ続けました。

何度も失敗したので、相当トスアップの練習ができました。

娘はこの練習だけで疲れていました…

ラケッティング(15分)

次に、ラケッティングを行いました。

  • 送ったボールをノーバウンドでカゴに狙う 20球×4セット
  • 1人でワンバウンドさせたボールを下からつく
  • 1人でボールを床に弾ませる

最初に、ノーバウンドでボールを送ってカゴを狙う練習をやりました。

カゴの位置を変えながら、20球を4セットやります。

球出しのテンポを早くして、時間をあまりかけないようにしました。

カゴの位置を各セットで下記のように変えています。

  1. 娘の正面
  2. 娘の右側
  3. 娘の左側
  4. 娘の真後ろ

それぞれカゴに入ったボール数は下記のようになりました。

  1. 20球中3球
  2. 20球中2球
  3. 20球中2球
  4. 20球中1球

20球ずつ打ったので、かなりいい練習ができました。

次に、1人でワンバウンドさせたボールを下からつく練習をやりました。

この練習のときだけプリンスのスポンジボールに変更します。

プリンスのスポンジボールはブリヂストンのスポンジボールより弾むので、下からボールをつくと弾む分時間が生まれます。

娘は、足を細かく動かさなくても、つながるようになってきました。

今回は、10回連続でつながりました。

最後に、1人でボールを床に弾ませる練習をとり入れました。

娘はラケットを振り回してしまうので、後ろから手を添えて手伝いました。

リョウジ
両膝を柔らかく使って、打ってみて。

いろいろな高さでボールを下につけるように、上記のようにアドバイスしました。

あまりつながりませんでしたが、まだ初日です。

リョウジ
繰り返し練習していけば、つながるようになるよ。

と娘に伝えました。

ボレー(2分)

次に、ボレーの練習をしました。

  • フォアボレー⇄バックボレー 4球×2セット

「アイドリング(足踏み)+スプリットステップ」を入れて、「フォア→バック→フォア→バック」の4球を2セット練習しました。

1球のスポンジボールを使い、すべてわたしに返球してもらいます。

1セット目は、ラケットセットしながら軸足を出すところで止まってもらい、正しくできているのを確認してからボールを出します。

リョウジ
ラケットを振らずに、足を出してボールをコントロールして。

娘にそう伝えます。

ラケットを振らないで、ボレーができるようになってきました。

2セット目は、スプリットステップ後止まらずに2歩足を出して打たせます。

リョウジ
1歩目もちゃんと出し、2歩出せるように気をつけて。

そう伝えてから練習しました。

今までなかなか1歩目が出なかったバックボレーでも、最初の1歩が出ていました。

グランドストローク(13分)

次は、グランドストロークの練習です。

  • フォアハンドストローク(離れたところから手出し)20球
  • バックハンドストローク(離れたところから手出し)20球
  • フォア⇄バック(離れたところから手出し・打ったら後ろに下がる)20球

最初に、少し離れたところからの手出しでフォアハンドストロークを20球打ちました。

離れたところからボール出しするときは、いつも赤いテープが貼ってある地点にボールがバウンドするように送ります。

【娘とテニス47日目】ラケットでボールの上をついて床に弾ませてみた

わたしはターゲットのカゴの手前からボールを送ったら、地面に丸まって飛んでくるボールに当たらないようにします。

事前に、ゆっくり打つように伝えます。

球出しが深くても、うまく重心を後ろ足に乗せたまま打っています。

「今日は、ゆっくり打っているから調子がいい!」

少しスイングスピードが早かったのですが、娘はゆっくり打っているつもりでした。

スポンジボールとはいえ、カゴの向こうのドアが壊れないか心配です。

最後までラケットを振り切り、高い確率でボールは廊下を通過していました。

ボールが廊下をまっすぐ通過したのは、9割ぐらいでした。

次に、少し離れたところからの手出しでバックハンドストロークを20球打ちました。
 
ボールが廊下を通過する確率はフォアハンドより落ちていますが、何度もターゲットのカゴにボールが当たり、入りそうになりました。

かがんでいるためよく見えませんが、打ち方も悪くなさそうです。

ボールが廊下をまっすぐ通過したのは、5割くらいでした。

最後に、少し離れたところから手出ししたボールを、フォアとバック交互に20球打たせました。

娘のスタート地点は、バウンドの目印にしている赤いテープの後方です。

最初の構えでは、右手を上・左手を下にグリップを持ちます。

フォアハンドストローク重視の構えです。

「足踏み〜」とわたしが言ったら、スタート地点で足踏みをします。

「開く」とわたしが言ったところで、両足を開いてスプリットステップを行います。

「カニさん」とわたしが言ったら、小さなサイドステップで弧を描きながらいつも打っているフォアハンドストロークのポジションに入ります。

バックハンドストロークを打つときは、「持ち替えながらカニさん」とわたしが言い、両手をグリップチェンジさせながら小さなサイドステップで移動させました。

ボールは、娘の移動が終了して準備が整ってから出します。

打ったら、小さなサイドステップで弧を描きながらスタート地点に戻ります。

前回、20球連続で打たせたら、後半だれてしまいました。

今回は、フォアハンドで打つかバックハンドで打つかを、自分で選んでもらいました。

自分の正面に来たボールを、フォアかバックで回り込むイメージです。

前回よりは自分で考えている分、動きがよくなりました。

何度もターゲットのカゴにボールが入りそうになり、高いコントロール精度で打てていました。

ボールがまっすぐ廊下を通過した確率は、9割ぐらいでした。

残念ながらグランドストロークの練習を通して、ターゲットのカゴにボールは1球も入りませんでした。

スマッシュ(5分)

次に、スマッシュの練習を行いました。

  • スマッシュ(その場で高い球出し)10球
  • スマッシュ(前後に動いて)10球

イスに乗せたカゴを廊下の向こうに設置して、そこを狙って練習します。

【娘とテニス47日目】ラケットでボールの上をついて床に弾ませてみた

最初に、わたしが高くトスしたボールをスマッシュで10球打たせます。

リョウジ
ウサインボルトのポーズをとって。

娘にそう伝えてから、ボールを打たせます。

なかなかボールが、まっすぐ廊下を通過しません。

今回も、ボールのコントロールがいまいちでした。

打ったボールがまっすぐ廊下を通過した確率は、4割ぐらいと低めでした。

ターゲットのカゴには、1球もボールが入りませんでした。

次に、サイドステップで後退してから前進してスマッシュする練習を10球行いました。

「アイドリング(足踏み)+スプリットステップ」をしたら、右足を引きながらテイクバックを済ませます。

この練習では、ボールを必要以上に高く上げず、普段の高さで送ります。

娘は、両足も含め身体が正面に向いてから打っていました。

リョウジ
止まるとき、身体を横向きにしたままウサインボルトのポーズから打って。

そう伝えます。

わたしは娘が横向きから打てるように、娘の横方向からボールを送るようにしました。

10球すべて、まっすぐ廊下を通過しました。

ターゲットのカゴには、1球だけボールが入りました。

サーブ(5分)

最後に、サーブ練習を行いました。

今までやっていた「右手にラケットを持たせて打点にスポンジボールを当てる練習」は、今回からカットしました。

  • サーブ練習20球

グランドストロークと同じく、廊下の向こうに設置したターゲットのカゴを狙ってサーブ練習をしました。

グランドストロークと同様、ターゲットのカゴをイスに乗せて高く設置しています。

【娘とテニス47日目】ラケットでボールの上をついて床に弾ませてみた

ラケットをテイクバックしておくため、

リョウジ
ウサインボルトのポーズからスタートして。

と伝えます。

サーブを打つ前に、ボールを打たなければトスをやり直せることを説明します。

ただし、ラケットにボールが当たったり空振りすると、フォルトになると教えます。

最初、娘はボールをラケットで触ってしまいましたが、スイングを止めてトスを選ぶようになってきました。

次第に、トスを失敗したら打たないようになります。

練習の後半では、うまくトスが上がり打てるときがありました。

ターゲットのカゴにボールが当たることもあり、娘は悔しがります。

トスをやり直せたこともあり、今までで1番いい出来でした。

娘も「いつもよりうまく打てた」と言っていました。

ボールがまっすぐ廊下を通過した確率は、6割ぐらいでした。

ターゲットのカゴには、1球もボールが入りませんでした。

【娘とテニス】47日目の気づき

47日目の練習を終えて気づいたことを書いておきます。

ボールの上をついて床に弾ませるラケッティング

新たに、ボールの上をついて床に弾ませるラケッティングをやりました。

テニスと卓球以外は、あまりボールで遊ぶ機会はありません。

もっと初歩的な練習が必要かもしれません。

バスケットボールのように手で床についてみたり、ラケットの両サイドのフレームを持ってついてみたり…

いろいろ試してみようと思います。

サーブについて

サーブですが、トスとラケットのテイクバックを同時に行って打つときが何回かありました。

リョウジ
ウサインボルトのポーズをとってから、トスして。

そのときはそう伝えて修正しました。

もしかしたら、ラケットをテイクバックしたところからトスを上げるより、ボールとラケットを同時に上げるほうがやりやすいのかもしれません。

次回のサーブ練習では、すぐに修正せず様子を見てみたいと思います。

最後に…

練習メニューが固まってきて、あとは反復練習するだけになってきました。

とはいえ、ラケッティングのドリルはほとんど手をつけていません。

次回は、遊び感覚でできる「ラケットを使ったボール拾い」にチャレンジしてみたいと思います。