バウンドテニスコートで3回目のラリー練習【娘とテニス24日目】




こんにちは、リョウジです!

元テニスコーチだったわたしが6歳の娘にテニスを教えて24日目(2019/9/21)の記録になります。

前回の自宅練習では、使用するスポンジボールを1球から10球に増やしてみました。

その結果、短い時間で打数を上げることができましたが、打つボールが雑になるデメリットもありました。

使用するスポンジボールを10球に増やしてみた【娘とテニス23日目】

2019年9月30日

今回は自宅の1室ではなく、施設にあるバウンドテニスコートで練習を行いました。

自宅で練習した、離れたところからのボール出し練習が少しでも役立てばいいかなと期待しています。

バウンドテニスコートで練習するのは、今回で3回目になります。

【娘とテニス8日目】バウンドテニスコートで練習してみた

2019年8月29日

【娘とテニス12日目】バウンドテニスコートでラリーにチャレンジしてみた

2019年9月7日

バウンドテニスコートで3回目のラリー練習【娘とテニス24日目】

24日目の練習環境は下記のとおりです。

【場所】施設のバウンドテニスコート
【ボール】スポンジボール(プリンス)を1球レンタル
【ラケット】21インチのラケットを2本レンタル

バウンドテニスコートで練習するときは、レンタルのためボールもラケットも普段と違います。

スポンジボールのメーカーはプリンスで、普段使っているブリヂストンのものより小さく、弾みも推進力も上がります。

レンタルしたラケットは21インチの長さで、普段使っている19インチのラケットより2インチ長いです。

24日目の練習記録

24日目(2019/9/21)は、うまく時間を作れず、わずか13分間の練習となってしまいました。

練習メニューは「フォアハンドストロークでラリー」のみです。

今回もテニスコートでいうベースラインに娘を立たせて打たせました。

わたしはコートの中央にポジションをとります。

わたしは自宅のときと同じようにボールを娘のフォアハンドに出します。

しかし、娘は見たことのないスイングで打ち出します。

娘はラケットを振り下ろすダウンスイングでボールを打っていました。

原因は、わたしの球出しでした。

高い弾道でゆっくりボールを出していたため、バウンド後に大きく弾んでいました。

自宅で使用しているブリヂストンのスポンジボールは、高い弾道でゆっくりボールを出しても、バウンドしてから失速して打ちやすい高さに弾んでいました。

しかし、レンタルしたプリンスのスポンジボールだと、勢いよく弾んでしまいます。

わたしは寝かせたラケット面を垂直近くに起こし、低い弾道でボールを出しました。

すると、普段のスイングに戻ります。

ボール出しのスピードは上がりましたが、娘は大きく振り遅れることなくボールをとらえていました。

娘の打つボールはバッティングのように遠くに飛んでいき、まったくコートに入りません。

もはやラリーどころではありません。

ネットの近くに立たせて、つなげる練習をさせたくなりますが、途中からそれをやっても娘を混乱させるだけだと判断して、そのまま続けます。

練習時間はあっという間に終わり、娘は終始ホームランを打ち続けていました。

ほとんどのボールがフェンスの外に出てしまい、取りに行くのが大変でした…

【娘とテニス】24日目の気づき

24日目の練習を終えて気づいたことを書いておきます。

弾まないボール出しが必要

高い打点になってしまうと、娘はラケットを振り下ろしてしまいます。

下から上へのスイングを維持するために、娘のおへその高さで打たす必要がありました。

ラケット面を立てて、低い弾道でボール出しをすると、その打点で打てることがわかりました。

ボールのスピードは速くなりますが、娘はタイミングよくボールを打っていました。

ただし、娘のスイングスピードも速くなっていましたが…

大きな変化は見られなかった

娘は、ほとんど空振りすることなくボールをとらえていました。

ボール出しのスピードが上がっても、以前より振り遅れなくなりました。

上達していることは間違いありません。

しかし、わたしが返球できる範囲にボールが飛んできたのは、全体を通してわずか4球でした。

その4球も、娘は2打目を打ち返せていません。

そのせいか、娘のテニスにあまり変化が見られなかったように感じてしまいます。

また、練習時間が短すぎて練習中に何かしらの変化も起こせませんでした。

最後に…

練習時間があまりとれなかったこともあり、わたし自身が焦ってしまいました。

ボールをとらえる力は上がっているので、スイングの自然な加速は保ちつつ力加減を覚える練習も取り入れていきたいと思います。