【娘とテニス13日目】各ショットに軸足を出す動きを入れてみた




こんにちは、リョウジです!

元テニスコーチだったわたしが6歳の娘にテニスを教えて13日目の記録になります。

前回は、施設にあるバウンドテニスコートで練習しました。

フォアハンドストロークのみでラリーに挑戦しましたが、ほぼ1球目だけを打つ球出し練習になりました。

【娘とテニス12日目】バウンドテニスコートでラリーにチャレンジしてみた

2019年9月7日

今回の練習では、自宅で普段の練習に下記の3つのフットワークを追加しました。

  • 【ボレー】軸足を出す
  • 【グランドストローク】スプリットステップから横に動いて打つ
  • 【スマッシュ】スプリットステップからサイドステップで下がって前進して打つ

【娘とテニス13日目】各ショットに軸足を出す動きを入れてみた

13日目の練習環境は下記のとおりです。

【場所】自宅の部屋(5.5畳)
【時間】60分
【ボール】スポンジボール(ブリヂストン)を1球
【ラケット】ラジカル19(ヘッド)
【ターゲット】3方向の壁に設置

設置しているターゲットは下記の3つです。

【娘とテニス13日目】各ショットに軸足を出す動きを入れてみた

【娘とテニス13日目】各ショットに軸足を出す動きを入れてみた

【娘とテニス13日目】各ショットに軸足を出す動きを入れてみた

13日目の練習メニューは下記のとおりです。

  1. ウォーミングアップ(5分)
  2. ラケッティング(2分)
  3. ボレー(8分)
  4. グランドストローク(18分)
  5. オーバーヘッド(27分)

フットワークを一気に3つ変えたので、説明するのにも時間がかかり、練習時間は60分でした。

ウォーミングアップ(5分)

最初にスポンジボールを使ったウォーミングアップを行いました。

すべて足踏みとスプリットステップを入れたドリルです。

  • ボールキャッチ(フォア⇄バック)
  • 軸足を引いてサイドステップで下がってから前進してボールをワンバウンドキャッチ(右足⇄左足)

ボレーのフットワークを練習するボールキャッチは「フォア→バック→フォア→バック→フォア→バック」の6球だけ練習しました。

今まで下記の3ステップでした。

  1. アイドリング(足踏み)
  2. スプリットステップ(開く)
  3. 踏み込み

今回は「軸足」を入れた4ステップに変更しました。

  1. アイドリング(足踏み)
  2. スプリットステップ(開く)
  3. 軸足(足の向きを変える)
  4. 踏み込み

軸足を大きく出すと、次の踏み込みが出しづらくなります。

娘には「足の向きを変える」と伝えてやってみました。

娘はかかとをそのままにして、つま先の向きだけを変えます。

言い方が悪かったようです。

「足を2歩出してみて」と伝えて、フォアとバックそれぞれの足を出す順番を教えます。

娘は頭で考えながらゆっくり足を2歩出します。

次は、軸足を引いてサイドステップで下がってから前進してボールをワンバウンドキャッチします。

これは今までやってきた練習です。

「フォア→バック→フォア→バック」の4球で終了です。

サイドステップ(カニさん)で前進してるかチェックします。

ラケッティング(2分)

前回同様、2人で交互に打ち合うミニミニラリーのスタイルでラケッティングを進めました。

  • お互いワンバウンド
  • 【娘】ノーバウンド対【私】ワンバウンド

今回はあまり調子がよくなかったため、ラケットの裏面は使わず、表面だけでつなげる練習をしました。

やわらかいタッチは悪くなかったのですが、なかなかスイートスポットにボールが当たりません。

ボレー(8分)

ラケッティングが終わったら、ボレーの練習です。

  • 両手でサイドフレームを持ってフォアボレー⇄バックボレー
  • フォアボレー⇄バックボレー

どちらの練習も「アイドリング+スプリットステップ」を入れて、「フォア→バック→フォア→バック」のわずか4球のみです。

ウォーミングアップのボールキャッチで練習した「軸足+踏み込み」の2歩で打ってみました。

両手でサイドフレームを持つ練習では、ボールキャッチと同じようにゆっくり足を2歩出すようにしました。

出す足を間違えてしまったら、「足踏み+スプリットステップ」からやり直しました。

通常のボレー練習では、最初にグリップの握り方を確認します。

今までは下記の4ステップで打っていました。

  1. 足踏み
  2. (両足を)開く
  3. (ラケット)セット
  4. (足を)踏み込む

今回は、ラケットセットしながら軸足を出すように教えました。

例えばフォアボレーなら下記の4ステップです。

  1. 足踏み
  2. (両足を)開く
  3. ラケットセットしながら右足を出す
  4. 左足を踏み込む

ラケットセットしながら軸足を出すところで止まってもらい、正しくできているのを確認してからボールを出します。

娘は混乱しながらも、なんとか足を出していました。

ラケットセットはできていたので、ボールはわたしに返ってきていました。

グランドストローク(18分)

ボレーが終わり、グランドストロークの練習です。

ここから設置したターゲットを使用します。

  • フォアハンド(トス打ち)
  • バックハンド(トス打ち)
  • スプリットステップからサイドステップで下がってから前進してフォアハンド
  • スプリットステップからサイドステップで下がってから前進してバックハンド
  • スプリットステップからサイドステップで下がってから前進してフォア⇄バック
  • スプリットステップから横に動いてフォアハンド
  • スプリットステップから横に動いてバックハンド

娘が決めた得点は今までと同じです。

  • ターゲットの枠の中 = 100点
  • ターゲットの枠 = 20点
  • ターゲットの枠の外 = 0点

まずはグランドストロークの握り方を確認してから、トス打ちをします。

フォアもバックも弾道が安定せず、ターゲットとの誤差が大きくなっていました。

娘は「全然当たらない」と嘆きながらも打ち続けました。

なんとかターゲットに当たったら、次はスプリットステップからサイドステップで下がって前進してから打つ練習です。

娘はスプリットステップ後の引く足を頻繁に間違えていました。

「わざと間違えているの?」と確認すると、娘は「違うよ!」と否定します。

最後は横に動いて打つ練習です。

今回は「アイドリング(足踏み)+スプリットステップ」からスタートしました。

スプリットステップ後、軸足を横に出しながらテイクバックを済ませます。

そのとき、軸足のつま先を横に向けるようにします。

この動きができているか確認するために、軸足を1歩出したところで止まってもらいました。

娘は最初に出す足を何度か間違えましたが、徐々に軸足を出せるようになりました。

オーバーヘッド(27分)

グランドストロークが終わったら、オーバーヘッドの練習です。

前半はスマッシュを練習して、後半はサーブを練習しました。

  • スマッシュ(その場で)
  • スプリットステップからサイドステップで後退してから前進してスマッシュ
  • トスアップの練習
  • トスアップしたボールを手のひらで打つ
  • サーブ練習

まずは、わたしが小さくトスアップしたボールを、娘にターゲットを狙って打たせました。

今回は調子が悪く、うまく当たりません。

グランドストロークのように横振りで打っていることもあります。

なんとかターゲットに当たったところで、サイドステップで後退してから前進して打つ練習に移ります。

今回は「アイドリング(足踏み)+スプリットステップ」からスタートしました。

ラケットのグリップを左手を上、右手を下で握り、身体の正面で構えさせます。

「アイドリング(足踏み)+スプリットステップ」をしたら、右足を引きながらテイクバックを済ませます。

そこからサイドステップで後退してから前進して打たせます。

右足を引くところはできていましたが、娘はラケットのテイクバックを忘れてしまいます。

反復練習が必要ですね…

次はサーブ練習です。

まずはトスアップの練習から。

打点に用意したラケットのフレームにトスして当てる練習を行います。

打点に用意したラケットを動かさないように伝えますが、どうしても動いてしまいます。

トスアップしたボールがラケットヘッドに当たりやすいように、左足を前に出して半身にさせます。

2回くらいボールがフレームに当たったところで、トスアップしたボールを手のひらで打つ練習に移ります。

今回も「1(トス)・2(ヒット)」と言いながら打つように伝えます。

今回もいい例と悪い例を見せます。

【いい例】
→1と2の間がちょうどいい

【悪い例】
→1と2の間が短い
→1と2の間が長い

娘は「1・2」と言いながら手のひらでボールを打ちます。

1球1球、1(トス)と2(ヒット)の間がどうだったか娘に確認します。

最後にラケットを持ってサーブ練習です。

先程と同じように、「1・2」と言いながら打たせます。

トスが後ろに上がってしまい、なかなか打てません。

ボールを手から離すタイミングが遅いと、後ろにトスが上がることを説明します。

ターゲットには当たりませんでしたが、うまくボールをとらえたところで練習を終了しました。

ターゲットになかなか当たらないこともあり、オーバーヘッドの練習だけで27分かかりました。

【娘とテニス】13日目の気づき

13日目の練習を終えて気づいたことを書いておきます。

軸足を出す動きは難しい

今回の練習で、動くドリルにはすべてスプリットステップ後に軸足を出す動きが入りました。

今回のように、ジュニアに軸足の出し方を細かく教えたことはありませんでした。

娘は初めての動きにギクシャクしていましたが、反復練習していけば自然とできるようになりそうです。

全体的にショットの精度が落ちていた

今回は各ショットでターゲットに当たるまで時間がかかりました。

同じ練習を毎回繰り返すと徐々によくなる傾向がありますが、新しいことを加えると全体のパフォーマンスが落ちる気がします。

娘が1番楽しかった練習

娘に1番楽しかった練習を聞くと、スプリットステップからサイドステップで下がって前進してスマッシュする練習と答えます。

オーバーヘッドの練習は楽しいようです。

あまりうまく打ててはいないですが…

最後に…

今後は小さく練習メニューを変えていくつもりでしたが、今回は一気に3つ変えてしまいました。

次回からは少しずつ新しいことを加えたいと思います。