テニスの壁打ち

テニスの壁打ちで意識を変えて打ってみる

テニスの壁打ちをするとき、同じ練習内容でも「意識を変えて打つ」ことで違った発見やスキルアップが可能です。本記事では、壁打ち練習で意識できることを紹介していきます。

テニスの壁打ちで飽きずに打数を増やす方法

1ショット30〜50打でも壁打ちで継続して練習すれば十分な効果が望めます。もし、壁打ちでさらに上達スピードを上げるなら、打数を増やす選択肢が考えられます。打数を増やしても、飽きずに壁打ちができる方法を紹介します。

テニスの壁打ちをしていると忘れがちな3つのこと

テニスの壁打ちは、誰にも邪魔されずに自分のペースで打てるのが楽しいです。ただ、必要以上に打ちすぎてしまったり、練習の目的を見失ってしまうことがしばしばあります。壁打ちをしていると忘れがちな3つのことを紹介します。

テニスの壁打ち練習をするときに意識したい3つのこと

1つのショットを壁打ちで練習しているだけでも、視点を変えれば違うスキルを学べます。テニスの壁打ち練習をするときに意識したい3つのことを紹介します。この3つを意識するかしないかで、壁打ちでの上達具合はかなり変わるはずです。

【テニスの壁打ち】片手で打つショットは、空いている手で身体の開きをガイドしてみよう!

片手で打つショットの中で身体の開き具合を改善したいものがあれば、空いている手でガイドしながら打つ方法があります。壁打ちでラリーがある程度続くなら、空いている手で身体の回転を誘導したり抑えたりしながら反復練習が可能です。

テニスの壁打ち練習をしてもラリーがつながらない理由

壁打ち練習では途切れずつながっても、テニスコートではラリーがつながらず、よく嘆いていた記憶があります。壁打ちでは得られないものがあることに、過去のわたしは気づいていませんでした。この記事では、テニスの壁打ち練習をしてもラリーがつながらない理由を解説します。