テニスの自宅練習

塵も積もれば山となる!テニスで骨盤の動きを磨くメリット

運動連鎖をスムーズにしてパワフルなスイングを身につけるなら、メディシンボールを投げたり、ダブルグリップのメディシンボールを振り回す方法があります。上記のトレーニングと並行して、スクエアスタンスでの骨盤の動きを練習すると、さらに磨きがかかります。

【自宅でできるテニスの練習】0.01秒でも早く動き出したい!90度回るステップと180度回るステップ

「スプリットステップの後、もっと早く動き出したい…頭で考えず、反射的に動き出せる方法はないだろうか?」この記事では、スプリットステップ後の動き方ではなく、動き出すスピードを上げるトレーニングを考えたいと思います。

【自宅でできるテニスの練習】サーブで強制的に肩と肘を縦に回す!壁に沿って肘で弧を描くドリル

ボールを打たずに素振りで意識しても、改善されない動きがあります。そのうちの1つが、サーブの肩と肘を縦に回す動きです。意識しなくても強制的に肩と肘を縦に回せる「壁に沿って肘で弧を描くドリル」を紹介します。

【自宅でできるテニスの練習】グランドストロークのスクエアスタンスで身体が前傾しなくなる方法

グランドストロークをスクエアスタンスで打つとき、後ろ足の膝が伸びてしまい、上体が前傾してしまうことはありませんか?この記事では、スクエアスタンスの特徴とスクエアスタンスで上体が前傾してしまうのを防ぐ練習を紹介します。